岡田 知之
岡田知之打楽器合奏団 主宰

1936年生まれ、1960年東京藝術大学音楽学部打楽器専攻卒業、NHK交響楽団打楽器奏者を1992年まで32年間務める。1963年日本初の打楽器アンサンブルを主宰し演奏会を開催。1967年NHK交響楽団派遣によりベルリンで研修。1970年岡田知之打楽器リサイタル開催。1975年岡田知之打楽器合奏団(岡田知之パーカッションアンサンブル)を創立、演奏業績に対し、1979年文化庁芸術祭優秀賞、1980年日本レコードアカデミー賞、1991年第15回音楽之友社賞などを受賞。教育面では、東京藝術大学音楽学部の講師、国立音楽大学の助教授(現准教授)と教授、山形大学と新潟大学の教育学部の特別講師を歴任し、1997年洗足学園音楽大学の教授に就任20083月まで音楽学部長を務め現在は名誉教授および洗足学園音楽大学打楽器研究所名誉所長、20089月より札幌大谷大学音楽学部の特任教授。役職として、NHK交響楽団理事、日本吹奏楽指導者協会理事、国際芸術打楽器協会(Percussive Arts Society)日本支部長、日本太鼓連盟評議員。その他に、第25回日本管打楽器コンクール運営副委員長、音楽大学オーケストラの祭典実行委員長、東京文化会館50周年事業検討委員や、吹奏楽連盟の吹奏楽コンクールやアンサンブルコンテストの審査員などを務めている。著書・執筆に、「打楽器事典/音楽之友社」「小太鼓100曲集/共同音楽出版社」「ティンパニ教本/音楽之友社」「ニューグローブ世界音楽大事典/講談社」「新編音楽中辞典/音楽之友社」などがある。(200811月現在)

back▲
Artists